MENU

for Ideal Design

コラム

マーケティング思考で、デジタル化を推進する道筋とは

ワークスアイディ データでビジネスをもっと面白く ビジネスデザイン デジタル化 DX IT RPA 自動化

デジタル化=DX(?)

各社各様の取り組みではありますが、
ここ数年で多くの企業様で、デジタル化やオンライン化を進めて来られました。
そんなお客様から最近共通しているご相談があります・・・。

『社内のデジタル化は少しづつ進めてきたけど、この先は他の企業ではどうしているの??』
『ツールの機能として出来たことであって、会社として得た成果は一体何だったのだろうか??』
『デジタル化の取り組みで、今までよりも忙しくなった気がするとメンバーから言われて・・・??』

デジタル化は進みましたが、ではDX化の取組みはどうしたら良いのだろう。
気になるのは、競合他社がデジタルをどの様に活用して事業に活かしていくのか!?
ここが一番お客様からの相談が多い点へと変わってきました。

アナログ・物理データをデジタルデータ化する

これまでは世の中の『働き方改革』の名の基に一定のデジタル化が進んだものの、
多くの企業では、ビジネスモデルを変革する様なことや、データ利活用により売上利益が向上した。
というところまでは進んでいないのも実態かと思います。
本日は、マーケティング思考を活用して、デジタル化を推進する道筋について考えてみます。
少しでも、デジタルテクノロジーを活用して一歩先に前進するきっかけになれば嬉しいです。

【WHY】を共有する

全社員が目指すべきビジョンを描く。
要するに、目標地点の解像度を上げるということです。

【WHERE】を決める

ビジョンと変革意識が高まれば戦略策定の方針を決定。
対象とする領域や課題と事業領域を決めていきます。

【WHAT】を設定する

戦略策定ができれば、具体的な戦術へと落とし込む作業です。

【HOW】を実行する

対象となる事業領域をどのような技術を活用して実現していくのか。
どのようなサービスやビジネスモデルでそれを実現していくのかを決定していきます。

変革とは、人の行動が変わること

デジタル化を組織や事業への変革まで導くには、組織カルチャーや企業文化という法人格があるため相当な労力がかかることです。
まずは、未来への解像度を高めることと現状を把握し、ギャップを理解することから始めましょう!

 

↓是非評価をお願いします!!