MENU

for Ideal Design

コラム

DXマーケティング部発足!展示会をデザインする初任務を終えて…。

ワークスアイディ BPaaS マーケティング部 データでビジネスをもっと面白く ビジネスデザイン

マーケティング部発足後の初仕事は、日本最大のIT展示会! Japan IT Weekの出展準備でした。
展示会当日までの、時間に追われる日々の活動レポートを執筆します🖌

今年4月に弊社では事業拡大を目的に、大きく組織が変わりました。
そこで新たに『DX事業統括本部 マーケティング部』ができました。

これまで実施してきた、DX事業、RPA(Robotic Process Automation)導入支援事業、データサイエンス事業、情シス運用・デジタル経営資源の管理運用代行などの事業領域で、より多くのお客様に知っていただき、選んで頂ける仕組みをつくることを目的として設立しました。

出展にむけて

さて、マーケティング部として初仕事となったのは、幕張メッセで行われる” Japan IT Week”の出展準備でした。

IT展示会に来る目的として大きく2つ。
①最新のものを知りたい、新しい市場を調査したい
②自社の課題を解決できそうなものを探している

となれば、私達の提供している数々のサービスで、プッシュしたいものは何か。喜んでいただける商品は何か。
試行錯誤を繰り返して

企業の中にある業務の一部分を切り取って、予算の中で効率化を目指してITツールを導入することを続けた私達は、企業のデジタルトランスフォーメーションを実現できたのか。

今回の展示会は、この問いに焦点を当てて企画を進めていくこととなりました。

 

制作開始!

ここからは具体的に作業を実施しないといけないものとして、

◆ブースのデザイン
◆配布資料(雑誌『 I Design』)

の制作が必要です!!!

“雑誌”を制作していきながら、同時進行で展示ブースの制作業者様と打ち合わせを重ねていきました。

 

▼ 完成した配布資料

 

▼ 展示ブース

 

展示ブースの看板には、会場で配布する雑誌の表紙を大きく印字し、お客様には雑誌を手に取っていただきやすくなりました!

 

急遽BPaaS専門ページを作成することに・・・

 

制作過程は割愛しますが、
既存のチーム「ブランディング戦略室」と、新設「マーケティング部」のコラボ制作となる専用ページは無事オープンすることができました。

▼サイトURL:https://roboroid.jp/bpaas/

 

 

資料を広げて読む人のことを想像して制作した、配布資料『 I Design』。
Japan IT Weekに足を運んだ人のことを想像した、展示ブース。
Web検索してアクセスした人のことを想像して制作した、LP。

制作物は何であっても”顧客”のことを考えていく作業は、付け足すも引き算するも、とにかく意思決定の連続でした。

そして、マーケティング部の活動成果は制作物を完成することではなく、今後データに基づいた成果につなげる、長く地道な活動になることでしょう。

 

↓是非評価をお願いします!!