MENU

for Ideal Design

RPA

WinActor:シナリオ開発には「サンプルシナリオ」を活用しよう!

ワークスアイディ 開発 WinActor RPA

サンプルシナリオ、それはWinActorの公式HPにて提供されており無償でつかうことができるシナリオです。
定期的に新しいサンプルシナリオが増えていくのも嬉しいものです。

システムとの連携ができるサンプルシナリオや少し複雑な工程のサンプルシナリオなどが公式HPに多数用意されているので、有効活用することによってシナリオ作成の手間を大幅に減らすことができるかもしれませんよ☆

ということで今回は、数あるサンプルシナリオから2つご紹介したいと思います!

📝 サンプルシナリオとは
ライブラリの使い方やWinActorシナリオのノウハウ、また他システムとの連携について理解を深めていただくための応用シナリオです。
(WinActor公式HPより)

1.システム連携系サンプルシナリオ

🔶勘定奉行クラウドで仕訳伝票作成を行うサンプルシナリオ

会計システムである「勘定奉行」は使われている企業様も多いのではないでしょうか。2021年9月現在、勘定奉行との連携をするサンプルシナリオは2つありますが、そのうちの一つをみてみましょう!

HPでは動画も公開されており、このサンプルシナリオを実行したときにシステムがどのような動きをするかを確認することができます。

シナリオがどういった動作をしているかは、ダウンロードページにも記載がありますので使用する際にはご一読ください。
このシナリオの場合は「Excelから情報を取得し、仕訳伝票の入力画面にその情報を入力し、登録する」という内容です。

動作環境によって微調整が必要なこともあるかと思いますので、実行する前に必ず動作検証をしながらご自身で調整を行ってください。

他にも様々なシステムを操作するサンプルシナリオが用意されています。
ご自身が使われているシステム連携系のサンプルシナリオがないかぜひ探してみてください!

2.実務でよくある内容のサンプルシナリオ

🔶現在日時のファイル名で画面キャプチャを保存するサンプルシナリオ

システム連携以外にもサンプルシナリオが多く提供されていますので、その中から一つご紹介します。
「エラーが起きたら画面のキャプチャを撮り、所定のフォルダへ現在の日時のファイル名で保存する」サンプルシナリオです。
エラー対策の工程なので、シナリオを作成した後から実装する内容かと思います。

シナリオの内容としては、「ブラウザを起動し所定のページを表示⇒ページ内をクリックするとエラーが発生⇒異常系へ移行して画面キャプチャを撮る⇒所定のフォルダへ現在の日時のファイル名で保存する」というものです。

エラー対策については、今後別で記事を出す予定ですが、このように何かしらの設定を施しておくことで、
例えば目を離しているときにエラーが発生し、後で確認・修正することになったときもどういった状況で起こったかを確認しやすいのでおすすめです。

またサンプルシナリオを使うことによって、その工程の実装の手間も省くことに成功しました。

3.さいごに

初心者の方にとっては「どこから手を付けたらよいかわからない」といった場合でも、ノードの配置の仕方、設定の仕方を参考にすることができる便利なツールです。

作成に慣れている方でも、ある程度形が用意されていたものをうまく活用することで作成の手間や時間を大幅にカットできそうです。

便利なツールを使いこなしてシナリオ開発をどんどん進めていただければと思います🎵

 

↓是非評価をお願いします!!