MENU

for Ideal Design

コラム

市場価値を高める

DX ビジネスデザイン IT

今回のテーマは個人の価値についてです。

皆さんは自分の「価値」について考えたり、意識することはありますか。
このテーマと向き合うシーンといえば、やはり「転職」「就職」の時ではないでしょうか。
この先のこと、自分のビジネスライフを考える場面で、自分を周囲と比較したり、市場からみた自分を評価したりして考えますよね。

私は、就職・転職をする時になって初めて自己分析、価値を見つけようとするのでは遅いと思っています。これはテストや受験、本番だけ頑張る(←過去の私)のと同じで、突然に市場価値が高くなったり、貴重な存在になれるわけないと思っています。

とはいえ、市場価値を高めることは日々の仕事の中で目的になることではないので、目の前の仕事を真摯に取り組んでいる中で副産物として得られるものだから、特別何かをしているわけではないのですが、、、私にできる努力をしています。

例えば、問い合わせ頂いた内容を分かりやすく、理解頂きやすいように工夫して伝えたり。
お困りの連絡であればスピード重視で対応したり、連絡した方が私に何を期待しているのかを汲み取って、期待以上をお返しできるよう努力をしています。

いくら性格分析しても、自分の得意なことも向いている仕事も未だに分かりません。
食わず嫌いしないでやってみて、やりたいことが見つかった時に挑戦できたり、やりたいことを選択できるようにまずは目の前のことを期待以上でチームでお返ししていきます!!

前振りが長くなってしまいました、、誰よりもメンバーの市場価値が高まることを願っている奥西さんの考え方を収録しました📸
是非ご覧ください!!

【 市場価値の高め方▼ 】

【 動画のおさらい 】
■情報の価値が下がっている
情報化社会によって、知らなかったことを知るためのハードルが下がった
■ネットで知り得た情報だけではうまくいかない
例えば山登りに持っていくものを検索できても、うまくいくとは限らない
現地の環境に応じて変化に対応しながら登ることが必要
■一歩踏み出して見える景色
まずは始めてみた先に、武器を変えながら攻略する
そこまでして経験値となり、習慣化していく
価値のポジションが変化している
「知っている」という価値より「実行力
とにかく!トライ&エラー!!

私もついつい情報を持っているだけで知ったか発言をしてしまうことがあります、、
テレビで誰かがいっていたこと。
コメンテーターの発言。
広告でみた情報。
ネット検索で得たデータ。
色んなところで知ることができる今だからこそ、語れる経験や転換できる経験をしている方の価値が高まりますね!

ナイストライ!!!の精神で、今日も一日頑張りましょうー!