MENU

for Ideal Design

イベント

「好きなことを仕事にする」というけど・・・。※イベント迄あと20日!

変化と体験

やりたい事、やってみたい事。
やった事ないけど、実現してみたい事。
小さくても変化と体験をお客様と共有したいという思いで準備しておりますが、
12月は師走であり、緊急度と重要度がいつもに増してボリュームが高まり、日々、焦りだけが増してきております。

 

コロナ禍でもあり、3密を回避したり、感染対策を講じたりと安全には徹底して今のところリアルイベントをスタジオとして実施する計画をしております。

ソーシャルディスタンスや非接触もキーワードですので、オンラインで参加頂いた方にとっても、参加して意味のある内容を企画していきます。

ほんと、間に合うのかな。。。

 

さて、本日の”問い”は
「好きなことを仕事にするとは?」をテーマにキャンスタ編集部の奥西が問いていきたいと思います。

これまで多くの方とお会いしてきた中で、
仕事が出来る方は、自分の仕事が好きだと、語る方が多いです。

その秘訣を伺うと「自分がやっていることをまずは好きになることから」と言われます。

好きな事を仕事にする!というよりか、自分の仕事を好きになる!という方が分かりやすいのかもしれないですね。

 

そんな事をお話しすると、
「うまくいっているからとか」
「成功したんだから」
「なかなか実際は仕事を好きになるのは難しいですよ」

といった意見が返ってくる事があります。

 

確かに、仕事をしていて、うまくいかないもありますよね。
スランプとでも言うのでしょうか・・・。

とくに、ミドルキャリア期にある人は、将来への不安や焦り自身で想い描いていた地点とのギャップなどもあり、次のキャリアを選択する「転職」を考える方も多くいらっしゃいます。

この様な停滞時期は、自分の仕事を好きになれないのもよく分かります。

 

では、どこでその分岐点を解消することが出来るのでしょうか。これらの問題は完全に解決する事は不可能ですよね。

1つだけ、私自身の経験でこの分岐点に起きた話をすると、

私自身、これまでのキャリア経験で培った知識やスキルだけでは、ある程度まで成長出来ても、停滞期を迎えてしまう事を経験しました。

 

その時私も、「好きなことを仕事にする!」なんて聞いた時には、同じ様に成功しているから、お金稼いでいるから、と思った事がありました。

今思えば私の中での分岐点は、
自分の仕事の中に興味ある事や心がワクワクする事を取り入れてみるという事です。

 

間接的にも仕事に関連し、お客様やメンバーが喜んでくれる事の身近なことで、ワクワクを取り入れてみた事がきっかけとなったことが、分岐点であり、仕事を好きになったきっかけだと振り返って感じます。

そこから、私からメンバーに出す方針の中に、「遊び」とか「面白い」とかのキーワードが表現が加わる様になりました!

 

嫌な事も苦悩もありますが、笑いに変えれるエネルギーは心からワクワクする事に挑戦することなのかもしれませんね。

とにかく、目の前の事を全力で楽しむ事。
日々の積み重ねの中に「変化と体験」が埋もれているかもしれないですね。