MENU

for Ideal Design

RPA

『WinActor合宿』レポート第二弾!!業務改善+シナリオ作成で最大の成果を。

ワークスアイディ 開発 エンジニア RPAエンジニアと繋がりたい WinActor RPA

効率的に組織にRPAを根付かせるための、弊社RPA導入スタートアップサービス「WinActor合宿」レポートの第二弾です!

10日間かけて「WinActor合宿」をどのように実施したのか、日を追うごとに変化していく開発担当者様の様子について、まとめました★

◆合宿の支援体制、進め方

基礎研修+10日間にエンジニア2名体態勢でのフォロー合宿。

今回のお客様は6部署からそれぞれ1~3名のご参加で
みなさん各自席でシナリオをそれぞれ作成して頂きます。
エンジニアは決まった時間にシナリオ作成者の席(部署)へ伺い、フォローをさせて頂くスタイルで実施しました!

現場の業務と並行してシナリオの作成されているので、進捗はみなさんそれぞれです。
合宿中は『RPAの集中月間』である事を社内全体に周知していて、エンジニアが回ってくる時間だけでも業務を離れてシナリオ作成に集中できるように、みなさんで協力し合って挑んで下さいました!

◆合宿10日間の変化

‐基礎研修

【基礎研修】だけはシナリオ作成者全員会議室に集まって実施しました。
初日に同じ研修を受けて、みんなで同じスタートラインに立てた感があり、これから始まる合宿に向けて士気が高まりました!

‐開発支援(初日~3日目)

今回は複数部署へ2名のエンジニアが、それぞれ2時間ずつ巡回しするスケジュールで、1日に必ず1部署2時間の支援になるように時間割を組んでいただきました!

我々エンジニアは2手に分かれて時間割通りにシナリオ作成者を尋ねますが、各自支援に対する期待値は様々。
それぞれの場面に応じたフォローを行っていく事になりました。
支援時間以外にもみなさん業務の合間を縫って、WinActorを触って下さっていました!

‐開発支援(4日目~8日目)

みなさんそれぞれに自動化したい業務も決まり、シナリオ作成が始まり、早い方はシナリオが1本完成していました!

シナリオ作成者の習熟度合や、シナリオの開発フェーズに合わせたフォローが出来る所も合宿ならでは!
みなさんが日に日にレベルアップしていく様子が見られて、私たちも毎回感動します!!

‐開発支援(9日目~最終日)

合宿もあとわずかとなり感じることは、10日間あっという間だということです。
この時期になると皆さんそれぞれ最低1本以上のシナリオが完成していて、本番データでの実行、実運用を始めている方も見受けられました。

このフェーズになると、「エラー対応」や「シナリオの管理」についてのご相談が増えてきます。
WinActorのシナリオ内で出来るエラーハンドリングの方法や、シナリオの実行スケジュールの組み方、他部署とのシナリオの共有方法など実際に組み込んで、本番運用開始できる状態までフォローをさせて頂きます。

◆合宿メリット

・WinActorの習熟度に合わせたフォローが受けられて習熟が早い!
・イベント的に取り組めて、シナリオ作成に集中できる!
業務と並行する場合も、会社全体の取り組みとして理解を得やすい。
・シナリオの作成~本番運用まで、フェーズごとに異なる問題発生時にもエンジニアにすぐ相談できる!

●合宿を終えて

今回の合宿を実施した企業様では、WinActorのシナリオ作成者をまだまだ増やす予定があると伺いました!
これからは合宿参加者が軸となって、それぞれの部署でWinActorの習熟を促進していくそうで、今後も継続してご支援させて頂きます!

 

↓是非評価をお願いします!!