MENU

for Ideal Design

RPA

【検証してみた!】Power Automateは連携による効果に期待!

ワークスアイディ Power_Automate RPAエンジニアと繋がりたい RPA

Microsoft製のRPA

今日はMicrosoft製のRPAについてもご紹介していきます。
すでに「RPA」の枠さえも飛び越えており業務プラットフォームの一部に「AI」や「RPA」が組み込まれている。そんな世界です。
IT技術が世界の業態を変える昨今、次世代プラットフォーマーとなるであろうMicrosoft社の視野や裾野は果てしなく広い。
Microsoft Power Platformの一部である、「PowerAutomate」や「PowerAutomate Desktop」がRPAを担う部分に該当するかと思います。
このローコードプラットフォームはほかにも様々なサービスを有しており、
連携させることで更なる強みを発揮します。

これからの可能性を想像する

PowerAutomate実際に何ができるのか?

Web APIを活用したソリューションのデータ連携や作成が得意です。
少し前に流行っていた「IFTTT」や「Zapier」などが近いサービスですね。
それよりもMicrosoft製品に互換性が高く安定性があり、変数設定やループ制限など機能面も優れておりイレギュラパターンも多くつけられます。
日本企業にはかなりニーズがありそうなビジネスライクな製品になってますね。
コネクタやテンプレートも数百種類あって、日々増えています。
例えば、以下のような業務。

  • クラウド勤怠管理システムからデータ抽出してBIツールで集計データを可視化する。
  • 会議予約フォームから申し込みがあれば、チャット通知してからデータベースへ格納し、Outlookスケジュールにスケジューリング登録する

さらにPowerAutomateDesktopを追加してできること

インストール型アプリケーションや、オンプレミス型システムが連携できます。
(有料版が必要)
ただ設計するにあたって、正直WinActorほど簡単ではなくローコードとはいえある程度のプログラミング能力を必要とするなと感じます。
例えば、こんなこともできるかも。

  • クラウド型の勤怠管理システムからデータ取得したものを、オンプレミス型基幹システムへデータ投入する
  • インストール型アプリからできたデータ(例えばPhotoshopデータ)をファイルシェアサービスへ保存して、取引先にダウンロード依頼のメールをする
 

↓是非評価をお願いします!!