MENU

for Ideal Design

RPA

はじめてのWinActor!チュートリアル中級編「表形式のデータ操作」解説動画作成しました

ワークスアイディ 効率化 新機能 RPAエンジニアと繋がりたい WinActor RPA 自動化

本日も懲りずにWinActorでシナリオ作成にチャレンジ!
本日は「表形式のデータ操作」についてお届けします!

【例題】
A列に記載された「金額」に消費税(今回は8%とします)を足した「税込金額」にしてB列に記載する。

無題

この業務を任された場合、
Aさん:手元の電卓をたたいて出た結果をCSVに入力する
Bさん:B列に関数を入力する
Cさん:WinActor にデータをインポートして税込計算させる
様々方法がありますが、Cさんの手段をとる方はごくわずかだと思っていますが、実務上で表形式のデータを操作する際、この機能を知っていてシナリオを作成すると便利なので皆様に知ってほしくて、解説してみました。

実務ではもっともっとたくさん行も列もズラーーーっと並んだデータを扱うことが多いと思いますが、基礎知識として2本まとめてご覧ください♪

・WinActorバージョン「WinActor Ver6.3.0」
・中級編テキストはWinActorに同梱されております

○チュートリアル中級編「表形式のデータ操作」3-1

○所要時間:3分30秒

○チュートリアル中級編「表形式のデータ操作」3-2

○所要時間:7分

動画ご覧いただいた方は理解できるかと思いますが、ツール(WinActor)ならではの仕様によってシナリオ作成時に気を付けたほうが良いこと、ちょっとした工夫で乗り越えられることがあります。今後も、毎日RPAと向き合ってきた私たちのノウハウを、動画やnote記事で公開し、みなさんの悩みに寄り添い応援していきます!!

 

↓是非評価をお願いします!!