MENU

for Ideal Design

近年、DXの重要性が叫ばれていますが、同時にデジタル人材の不足も課題となっているのをご存じでしょうか?
DX分野においては、人材不足が問題視されています。
DX推進における人材不足はどうしたら解消できるか知りたい方、DX推進で人材確保や育成を検討されている方も多くいるでしょう。

DX人材の不足を解消するための手段について解説していきます。
DX人材不足が招く将来や、DX人材に必要なスキルなどもあわせて紹介します。

■DX人材について

DXという言葉は、よく耳にする方が多いのではないでしょうか?
まずは、DX人材とはそういった存在なのかを見ていきましょう。

◇DX人材とは

DX人材とは、DXを進めていけるスキルをもつ人のことを意味します。
DXを進めていくうえでは様々な知識やスキルが必要であり、それを兼ね備えた人材をデジタル人材と呼びます。
主要なデジタルスキルやデジタルリテラシー、さらにはビジネススキルも求められる高度な人材だと言えるでしょう。
DXは、これをしたら成功するというわけではなく、自社にできそうなことを見極めつつ進めていく必要があります。
そのため、DXを進めていくには、IT知識やビジネススキルを身につけたデジタル人材が必要なのです。

◇DX人材不足による課題とは

これからの時代で生き抜いていける企業であるためには、DX推進が欠かせません。
そんな状況のなかで、DX人材は今、人手不足が問題視されています。
DX人材の不足がもたらす影響は非常に大きく、警鐘を鳴らす声も上がっているのが現状です。

具体的に、DX人材不足でどういった問題が起こるのかを見ていきましょう。

・DX推進の遅れによる経済損失
・DX人材不足が招く将来

順に解説します。

▲DX推進の遅れによる経済損失

経済産業省のDXレポートで課題とされているのが「2025年の壁」です。
現在解決しきれていない従来までの業務のブラックボックス化や複雑化、
それに加え、多くの企業が利用していたシステムが2025年をもって終了するなど、DX推進には大きな課題が山積みです。

2025年DXの転換期と捉え、20025年までにDX推進が進まなかった場合、最大年間12兆円もの経済損失が見込まれるとしています
年間12兆円という数字は現在の約3倍とされており、DX推進の遅れが問題視されている状況です。

▲デジタル人材不足が招く将来

DX推進が進まない背景として、従来業務を見直してDXを推進できる人材の不足が理由の一つと考えられます。

IT企業などでデジタル人材のニーズはあるものの、人材育成が追いついていないのが現状です。
多くの企業で「DXを進められる人材が足りていない」という不足感を抱いており、
今後、さらにデジタル人材のニーズやそれに伴う人材の不足感が高まっていくと考えられるでしょう。

実際、経済産業省の調査では、2030年までに79万人の人材不足が予想されています。

■デジタル人材不足を解消する4つの方法

デジタル人材の不足は、危機的な状況にあります。人材を欲している企業側のニーズはさらに高まり、人材の争奪戦となることも考えられるでしょう。
喫緊に迫ったデジタル人材不足を解消するには、企業で行動を起こさなければなりません。
ここからは、デジタル人材不足を解消する方法4つを解説していきます。

・デジタル人材の育成
・デジタル人材の採用
・現状業務の見直し
・外注リソースを活用

順に解説します。

◇デジタル人材の育成

不足した人材を補うためには、育成が必要不可欠です。
DX推進を図るときには、DX推進担当者を配置します。担当者となる人材がいない場合は、うまくDX推進を進められなくなってしまいます。
デジタル人材を確保するためには、自社の社員に教育を施し、デジタルリテラシーやデータサイエンススキルなどを身につけてもらうのが大切です。
自社内の社員であれば、会社のことについて理解が深いため、DX化において無くてはならない存在とも言えるでしょう。

◇デジタル人材の採用

社内でDX担当者を確保できない場合は、デジタル人材の採用に力を入れましょう。
中途採用である程度経験や実力のある社員を採用したり、DX人材として新卒採用を強化したりして、採用活動に取り組みます。
中途採用であれば、デジタルリテラシーについての教育に時間を取られない場合も考えられるため、できるだけ早くDX推進をおこないたい方は検討してみましょう。
説明の通り、DX人材はニーズが高いため、応募要件を詳細に記載し自社に応募してもらえるように工夫することが必要です。

◇現状業務の見直し

DXを確実に進めていくためには、現状の見直しも大切です。
デジタル人材になり得る社員が、違う業務に時間を割かれてDX推進に注力できないということも考えられます。
実際DXを進めていくには、業務の見直しが必要不可欠です。
どの業務に自動化ツールを導入すべきか、といった検討が必要ですので、DXを進めようとしている場合は、早めに業務の見直しをおこないましょう

◇外注リソースを活用

DXは、必ずしも社内だけで実施しなければならないものではありません。
DXに必要な人材を外部リソースから活用したり、人材の育成を支援するサービスを活用したりすることもできます。
DXを加速化される上では、外注と内製のハイブリッドの選択肢もあることを頭に入れておきましょう。

■デジタル人材に必要な4つのスキル

デジタル人材は今、非常にニーズの高いです。
ニーズは高いものの、DX人材には必要なスキルが多く、まだ多くの経験を積んだDX人材が足りていない現状です。

・データサイエンス力
・プロジェクトマネジメント能力
・ビジネスデザイン力
・ITの知識

ここからは、DX人材に必要なスキルを4つ紹介します。

◇データサイエンス力

DX推進でデータ活用するうえで、データサイエンス力が必要なスキルです。
膨大にあるデータを読み解き、分析していく能力をデータサイエンス力と言います
データという事実を分析し、ビジネスの意思決定や経営戦略の立案に繋げていく能力が大切だと言えるでしょう。

◇プロジェクトマネジメント能力

DX人材には、プロジェクトマネジメント能力も必要です。
DX推進担当者として社内のDXを進めていくうえで、DXというプロジェクトを細かく管理しなければなりません。
DX人材には、システムや業務、人員などを俯瞰して課題を見つけ、解決に導いていく役割があります。
DX推進を成功させるには、プロジェクトマネジメント能力が欠かせません。

◇ビジネスデザイン力

DX推進にあたっては、ビジネスデザイン力も必要です。
ビジネスデザイン力は、その名の通り新しいビジネスを作っていくことです。
課題を明確化し、解決できるような解決策や方針などのアイデアを立案していきます。

◇ITの知識

DX人材には、基本的なITなどのデジタル知識が求められます。
DXを進めていく担当者は、IT設備やデジタル技術に触れる機会が多くあるでしょう。社内で使用経験のないツールに触れる可能性もあります。
DXを進めていくうえでは、ITの知識は必要不可欠だと言えるでしょう。

■まとめ

DX人材の不足を解消する方法について解説しました。
企業がこれから生き抜き、成長していくためにもDX推進は必須であると言えるでしょう。

重要なミッションを担うDX人材の確保は、企業にとって大事な仕事となってきています。
自社内での育成や採用、もしくは外部リソースを活用するなど、DX人材を確保できるようにしましょう。

ワークスアイディでは、データサイエンティスト養成講座をおこなっています。
DX人材に必要なデータサイエンスやITの知識、さらにはデータをもとにしたビジネス提案ができるスキルまで身につけることが可能です。
DX人材が見つからずお困りの方は、以下からデータサイエンティスト養成講座の詳細をチェックしてみてはいかがでしょうか。