MENU

for Ideal Design

RPA

WinActor新機能を試してみると、端末ライセンス数に依存せず、開発効率が向上した!

ワークスアイディ エンジニア WinActor RPA 自動化

WinActor Ver.7.2.1からの新機能である「シナリオ雛型機能」。気になるけど、どういう時にどうやって使うと便利なのか検証してみました!

💡「シナリオ雛型機能」とは
予め自動化したい操作を雛型に合わせてフローを作成しておき、WinActorで読み込むとシナリオに変換することができるというもの

◆「シナリオ雛型機能」の使い方

新機能「シナリオ雛形機能」を活用すれば、下記のような場面でメリットを感じれるかなということをいくつか挙げてみました。

  • 1つのWinActorを複数人で利用されている場合、WinActorを使えない待ち時間に「雛型」を作成しておけば、効率が上がりそう
  • 手順書に沿ってシナリオを作成する場合、手順書から「雛型」を作成すればシナリオ作成の時間が短縮できそう
  • WinActorをこれから学んでいく方に、シナリオを作成する前に手順から考えてもらって、「雛型」の書き方を学べる
  • 1つのWinActorを1人で利用されている場合でも、WinActor上で一から作るよりかは、ExcelやCSVで手順を作ることによって頭の中が整理できる

手順をあらかじめ整理できるのが、いいですね!

 

作成方法は、手順を書き出した後、ひな形を作成するだけ。

完成したシナリオ内のグループには処理内容、付箋を追加して「何を操作するのか」「どこを扱うのか」などプロパティ設定に必要な情報を記述、
あとは処理内容・付箋に沿って、必要なノードやライブラリを当てはめてシナリオを完成させていきます。

グループ分けやコメントに処理内容を書き込むのは意外と時間のかかる作業なので、こういう使い方も便利です。

 

皆様も新機能「シナリオ雛型」ぜひ使ってみてくださいね。

 

↓是非評価をお願いします!!