MENU

for Ideal Design

AI

3つの画像生成AIがビジネスを進化させる

AI 業務改善 生産性向上 仕事 データ活用 IT

こんにちは。
ワークスアイディの奥西です。

前回のコラムで書いたテキストAIだけではなく、
画像や音声までもAIによる活用領域が拡がっています。

例えば、実在の人物をAI化した「AI◯◯」という動画が増えてきましたね。
本人の声と遜色なく、本人なのか、AIなのか見分けがつかないレベルまできました。
特徴や性格までも学習してくれますので、本人と会話している様なことまでAIで再現できています。

そんな中、画像生成AIも非常に注目されていますね。

これらの技術はクリエイティブなプロセスを効率化し、新しいビジネスモデルを生み出す力を持っています。

前回のコラムではテキストAIを中心に書きましたが、
今回は「画像生成AI」について考えていきましょう!

画像生成AIの進化

1. 画像生成

画像生成AIは、ユーザーの入力に基づいてリアルな画像を生成する技術です。
この技術は、広告業界や映画業界、ゲーム業界にも大きな影響を与えています。

画像生成AI「Midjourney」が出現したときは私も衝撃を受けました。
使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

アメリカで開催されたファンアートコンテストで
Midjourneyを使用して生成された絵が一位を獲得したという話題もありましたね。

画像生成AIは色んな用途で使われています。

例えば、WEBデザインやマーケティング分野で膨大な数の
バナーやポスターを短時間で作成することが可能です。

これまでは、デザイナーが手作業で行っていた作業を
自動化することができアイディアが拡張されて、更に作業時間も短縮されて良いことだらけです。

単純に制作時間やコスト削減の効果だけではなく、
画像生成AIはクリエイティブな作業の品質にも大きく貢献しています。

2. 動画生成

動画生成AIは、静止画やテキストから動的な映像を生成する技術です。

現時点では、一般公開はされていないですが
OpenAIの「Sora」で生成された動画がSNSで話題にもなりましたよね。

Soraは、テキストのプロンプトを入力するだけで高品質の動画を生成できるツールです。
動画生成AIは、プロモーションビデオや従業員向け研修動画の制作にも使われているようです。

特に、eラーニングコンテンツやオンライン広告での利用が増えていきそうですね。

また、企業がホームページでサービス紹介をしていますが、
AIを活用して簡単に動画製作ができると、会社紹介などは動画が当たり前になりそうです。

更に勝手な妄想ですが、ショップやECサイトにも動画が多く使われていきそうです。
そうなると今後は、AIタレントやAIインフルエンサーの活躍領域が拡がっていきそうですね。

一般的な消費財も含め、アパレルや飲食店のメニューにも
AIタレントがストーリーと共に紹介してくれる日も近いかもしれません。

AIだとカスタマイズ可能で、消費者一人ひとりに合わせたパーソナライズドビデオの提供も実現できそうです。

動画コンテンツの拡張もAIによって変わっていきますね。
私が出演しているYouTube「ハタシロク」も、いずれはAIが進行することになるかもしれません……。

3. 3Dモデル生成

3Dモデル生成AIも注目されていますね。
地図データや設計図、スケッチから3Dモデルを自動的に生成する技術です。

建築や製造業など、様々な分野で利用が期待されています。

3Dモデル生成AIは、製品設計とプロトタイピングのプロセスを劇的に変革しています。

従来は手作業で行われていた設計作業が、
AIによって自動化されることでプロトタイプの試行錯誤が容易になり、
製品開発のスピードが大幅に向上します。

以前ニュースにもなっていましたが
自動車メーカーが新車のデザインに3DモデルのAIを導入したところ、
プロトタイプの制作時間が短縮されたということです。

他にもエンタメでは、キャラクターが生成されて動きのパターンも追加されていきます。
アパレルでも、デザインやパターンが生成されると試作品を短時間でできてしまいます。

医療業界でも、患者のCTスキャンやMRIデータから精密な3Dモデルを生成することで、
医師はより正確な手術計画を立てることができます。

製造業、建築、不動産、エンターテインメント、ファッション、医療など、
様々な業界で効率化とクオリティの向上を実現していきそうですね。

莫大に投資をしていた新規の研究開発費についても
AI活用により、これまでのビジネスを進化させる使い方が増えていきます。

これまで限られた時間とリソースの中でできたことを
AIのよって時間とリソースを解放してくれるので、使い方次第では大きな効果が期待されます。

まとめ

画像生成AI技術は、クリエイティブなプロセスを効率化し、
新しい価値作りに大きく貢献することは間違いないですね。

AIの適切な活用によっては、ビジネスの競争力を高めることができます。

もちろん競合他社もAIを活用するとなると
業界の常識が変わり品質もスピードも含め、これまでの「当たり前」が変革しますね。

今後もこれらの技術の進化に注目し、
何よりも積極的に取り入れていくことが重要です。

是非、皆さまの会社でも「画像生成AI」について議論してみてください。

また、AI関連のウェビナーを2024年7月30日に開催いたします!
生成AIに特化したスタートアップ企業「neoAI」の千葉 駿介氏をゲストに、
AIのこれからや、ビジネスでの活用法などについてお話しますので、是非ご参加ください!

本日もGOOD JOB!!

▼こちらもおすすめ

DX無料オンライン相談会