MENU

for Ideal Design

おはようございます!!
早朝から、本日のテーマは、リモートワーーク!です。
ビジネス芸人の奥西さんとビジネステーマに基づき一緒に考えていただく朝の脳トレ番組です!

リモートワークですが、企業の中でどのくらいの割合で実施できているのでしょうか。最近の状況から、やむ負えずリモートワークに切り替えた企業が多いと思います。それも非常事態の際に働く場所の選択肢の一つとして「非常用」と捉えている方も多いのではないかと思います。

ある会社では、最初からフルリモートワークを前提にして勤務しているところもあるようです。入社前の面接、事前の書類のやり取りはもちろん、面接日時調整、持ち物の確認、面接もリモート。入社が決まっても上司との面談もリモート。社内の打ち合わせもリモート。業務報告もリモート。

━━ 想像してみてください

これは読んでくださっている方によって、それぞれ感じることが大きく違うと思います。何を仕事にしているか(何を対価としているか)、業務時間はどんな活動をしているか(どこで何をしているか)。
または社会経験をどのくらい積んでいるか、現在までの経験によって捉え方が大きく変わりそうです。

一旦は”非常事態”が解除された今、私が思うのは「リモートワーク」の目的とメリットについてです。人がオフィスという特定の場所に集まって、目の行き届く、声の届く、手の届く場所で効率よく仕事をできない状況になったからリモートワークを推奨した。この理由以外に「リモートワーク」を推奨することのメリットはどこにあるのだろう。

【 メリット 】
 通勤することがなくなる
→通勤時間を別の時間に使える
→現住所に捉われず仕事を選択できる

ん~…私なりにいろいろ考えてみたけど、どんな人にも共通するようなはっきりとしたメリットはこれしかないと思いました。家族と過ごせるとか、自由な時間が増えるとか、集中して作業できるとか…あるかもしれないですが”私にとっては”という前提条件がつく気がして。特定の人にとってはメリットになることも、別の属性の人であればデメリットにもなります。

やむ負えず…の状況ではなくなった今、皆様の会社ではリモートワークを選択できるようになりましたか?それとも通常通りの働き方に戻りましたか?これを機にフルリモートに切り替えました!!という会社があれば是非お話聞いてみたいです‼新しく起業した会社でフルリモートを始めるより、途中で切り替えるほうがものすごく大変なことだと思うので…

さて、本日の動画ではビジネスデザイナー奥西さんがリモートワークを実施してみて感じたことを収録しました!!

▼リモートあるある
朝のルーティンがないと、いつから仕事かわからなくなる話
情報がなかなか伝わってこない事件…
リモートのコミュニケーションは顔出しめちゃ重要

私が動画の中で共感したのは、コミュニケーションスキルが、より一層必要だということです!リアルで対面でお話する時が得意だった方も、画面越しとなると思うように距離が縮められないな。。と感じる方も多いのではないでしょうか?
心が動くこと、想いを伝えること、偶然のことでグッとくるような体験をリモートワーークでも実現できるように考えないといけないですね!!

 

↓是非評価をお願いします!!